部下への指導方法

部下への指導方法について

部下への指導方法を考える

顧客先に部下を連れて行ったときに、上司である自分より先に顧客とテーブルを挟んで名刺交換。思わず苦笑いしてしまう様な事は、ビジネスシーンでは良くある事です。お得意先なら笑い話にでもなりますが、新規顧客の商談では冷や汗をかくと同時にどうやって取り繕うか悩んでしまいますよね?日ごろからマナーを指導しておけば、このような事は避けられたと思いませんか?新規商談等では特にファーストインプレッションが大事になります。一歩引き、相槌を打って上司である自分の話を盛り立ててくれる様な部下になってくれればビジネスの場でも安心できます。日ごろからマナーを指導するように心がけましょう。

部下をねぎらう気持ちを持つ

ビジネス経験を積むと、部下を指導する立場になるでしょう。そうなると、思わず偉ぶったりこき使ってしまうかもしれません。ですが、それは負の連鎖なので早めに断たないといけません。というのも、ビジネスにおいて立場が逆転する事は決して珍しくありません。上司であろうと功績がないと昇級できませんし、部下が偉大な功績を上げれば、階級が上回ってしまうかもしれません。そうなったらどうでしょう。今まで偉ぶったりこき使った事が、仕返しのように行われるかもしれません。それに苛立ち、昇級する。そして偉ぶる。これでは良好な人間関係になりません。自分にされたら不快に思う事は、相手にするべきではないですね。

↑PAGE TOP